さむらいさくせっさーず

アクセスカウンタ

zoom RSS 「鎮魂歌 不夜城II」 馳 星周

<<   作成日時 : 2005/11/11 19:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 小説ミニレビュー。

「鎮魂歌 不夜城II」 馳 星周 角川文庫
点数:魚魚魚
(感想)
 不夜城の第二段。面白かったですね。迫力あります。
 殺し屋と元刑事の二人の視点から物語が描かれています。前回主人公の劉健一はサブキャラとして登場。
 中国系マフィアの抗争が舞台という事もあって、暗い感じで話は進み、人が死ぬシーンもたくさん出てきます。スプラッタではないですけど、残忍なシーンが多く、そういうの嫌いな人はちょっとダメかも。
 たくさん人が殺されますが、いくらマフィアの世界とは言え、こんなに簡単に人を殺すものだろうか?

(あらすじ)
 新宿に台頭する中国系裏社会の2大勢力である北京と上海、その北京側の幹部・張道明が殺された。新宿に残った殺し屋と、彼を探す元刑事。

▼リンク
アマゾンで購入
鎮魂歌

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あの、実はものすごく修斗にお詳しい方なんですよね?
この前コメントした後によくよく読んだら(先に読めって話ですが・・・)すごい人なのか!?って思いました。
あと、小説の趣味の傾向がなかなか似通ってて、興味深く拝見しました。ウチは時代物を含めて宮部みゆきが好きです。あ、でも、この前やってたドラマにはガッカリしました。
馳さんの作品に関係ないコメントですみません。
ころ吉
2005/11/11 19:35
すごい人なんてことはないですよ(^^;
宮部みゆきさんは安心して読める作家の一人ですね。宮部さんの作品で買ってまだ読んでない作品が一つありますので、近いうちレビューするかも。
さむらいさくせっさーず
2005/11/13 19:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
「鎮魂歌 不夜城II」 馳 星周 さむらいさくせっさーず/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる